オランダで銀行口座を開設!【ING・Bunq・N26】

留学で長期滞在するなら、現地で使える銀行口座は必須ですよね!

私もオランダ到着後、すぐに口座開設のために動き始めました。が!オランダ生活に必須のマエストロカードを使えるようになったのは、オランダ到着から3ヶ月以上経ってから…。その間のトラブルも含め、最終的にオンラインバンクのN26を選んだ経緯をお話しします。

学生向けの記事です。

↓長文なので、読み飛ばしたい方は、目次からどうぞ。

なぜ銀行口座が必要?

マエストロカードを手に入れるために必要です!
オランダでは銀行口座に紐付いたマエストロカードがないと、とても不便です。クレジットカードが使える場面が少ないので。スーパーマーケットでも使えないことが多々あります。

私は銀行口座に紐付いてさえいれば、別のブランド(マスターデビット)でも良いのかと勘違いしていましたが、マエストロしか受付けていない場所がほとんどでした…。

マエストロカードは赤と青のマークが目印

あとは、滞在許可の申請時、資金証明として大学に送金したお金を返してもらうためにも、口座が必須でした。

関連記事

オランダの大学・大学院に進学し、90日以上オランダに滞在する場合、日本国籍者は滞在許可(Residence permit)が必要です。滞在許可の手続きと聞くと、私はとても面倒に感じてしまいましたが、実際はシンプルで簡単でした!今回の記事[…]

オランダで使える銀行

私の在籍するフローニンゲン大学が推奨している銀行は、以下の8行

ABN AMRO, ASN Bank, Bunq, ING, Moneyou, N26, Rabobank, SNS Bank

 How to open a Dutch bank account?|University of Groningen 

私は最終的にN26を選びました。
しかし、即決したわけではなく、ING→N26→Bunq→N26と、迷いながらたどり着きました。

オランダの3大銀行

ABN AMRO、ING、Rabobankがオランダの3大銀行です。海外留学支援サイトでも紹介されています。私は最初、この3行を比較し、INGを選びました。

INGを辞めた理由

しかし、INGでは開設しませんでした。口座開設の予約に、全く空きがなかったからです。そこで、店舗に行かなくても口座開設できるオンラインバンクを視野に入れました。
※INGなら口座開設時の予約は不要と書いてあるブログもありますが、大学からはINGも予約必須と聞きました。すいていれば、予約なしでも受付けてもらえるのかもしれません。

オンラインバンクに方向転換

オンラインバンクのメリットは、英語の説明が多く、口座開設時に必要な書類が少ないことです!銀行によりますが、パスポートさえあれば口座を開設できます。

※オランダ版マイナンバーのBSNが後々求められる場合があるので、詳細は各銀行の説明を参考にしてください!

私はドイツのオンラインバンク、N26で口座を開設することにしました。

N26はドイツに限らず、ユーロ圏で使えます。
また、海外送金サービスのWise(旧TransferWise)
と連携しているため、ユーロ圏外でも少ない手数料で買い物ができます。ヨーロッパ中を動き回る予定の私にとって、とても魅力的な銀行でした。

関連記事

日本から海外に送金する際、おすすめな国際送金サービスがWise(ワイズ)。いまや留学の必需品と言って過言ではないと思います。安く、早く、簡単に海外送金ができるので1度使ったら手放せません。海外送金を考えている人には、ぜひ知っていて欲しい国際[…]

N26の口座を開けず、Bunqで開設

通常、10分ほどで開設できるはずが…、私は謎のシステムエラー?で開設できず。オランダにいるのに、システム上はオランダにいないと判断されてしまったそうです。

手持ちの現金に限りがあったので、N26はあきらめ、Bunqで口座を開設してみました。

Bunq スマホアプリの画面例

Bunqはオランダのオンラインバンクです。口座開設手続きでビデオ通話がない分、N26より簡単に口座を開けます。

Bunqを辞めた理由

Bunqの無料プラン(Easy Travel)は、銀行口座としての機能に制限があります。例えば、送金ができないので、メインバンクとしては使えません。私はここをよく理解しないまま使い始めてしまいました。

※Bunqの無料プラン(Easy Travel)は2021年6月に終了しました。そのため、Bunqは有料プランしかありません。最新情報は公式サイトをご確認ください!

 

最初の1ヶ月でEasy Moneyプラン(通常月額7.99ユーロ)を無料で試したところ、私にとっては多機能すぎました。機能を持て余しそうなので、それならばN26の無料プラン(Standard)にしようという結論に至りました。

BunqのEasy Moneyプランには、25個もIBANを作れる機能があります。

結局N26に戻りました

オランダに到着してから3ヶ月。やっとN26の口座を入手!
N26は口座開設に手間取ったものの、その後マエストロカードを無事受け取ることができ、アプリのUIも気に入りました。一部のサービスは手数料が必要ですが、今のところ無料で使えています。口座内のお金をサブアカウントに移して管理できる、Spacesという機能も便利です。

まとめ

INGBunqN26、時間はかかりましたが、今はN26 Standardを選んで満足しています。

N26やBunqのようなオンラインバンクの方が英語の説明が多く、口座開設時に必要な書類が少ないので、留学する方におすすめです。また、念のため現金もある程度は用意しておくのがいいですね。

口座維持費や各種機能を比較し、ぜひ自分に合った銀行を探してみてください!

illustrations from jp.freepik.com