【2020年】ヨーロッパ留学は、いくら必要?21ヶ国を比較!

個人的にもすごく気になっていたので、ヨーロッパ21ヶ国の「学費」と「物価(生活費)」を比較してみました。留学先を選ぶ基準として、ぜひ使ってください。学費は修士課程を比較しています。

※2020年のデータなので、最新情報はご自身でお調べください。リンク切れしたソースもあります。

今回比較したヨーロッパの国々はこちら:
アイスランド、アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル

ソースは参考文献として最後にまとめています!
関連記事

どこに留学するか。どうやって留学先を調べて、選ぶか。そんな疑問に答えられるよう、記事を書いてみました。留学先を選ぶ上で便利なサイトを多数紹介しています。ドイツに進学を希望していた私が、最終的にオランダに進学を決めた理由も[…]

生活費・学費比較(国公立大学・修士課程)

学費は国/地域によって対応が全く異なります。
留学生も現地学生と同じように学費が免除される場合もあれば、割高な学費がかかることも。

また、修士課程が最短1年で修了できるのか、2年かかるのかという点にも注意してください。例えば、イギリスは学費が高いですが、修士課程を1年で修了できることが多いです。つまり、生活費も1年分ですみます。

どの国を選んでも、卒業可能な最低年数で卒業することが節約につながりますね。

ちなみに日本の国立大学の修士課程の学費は、2年間で約135万円です[*1]。ユーロに換算すると、1年あたり5,600ユーロ程度ですね(1ユーロ=120円の場合)。比較の基準にしてみてください。

では、ヨーロッパ21ヶ国の生活費と、EU/EEA域外出身学生にかかる学費を確認しましょう!

国名(50音順)生活費(1ヶ月)学費(1年)学費備考
アイスランド830ユーロ *2無料学生登録費(年間550ユーロ)が別途必要。*2
アイルランド974ユーロ *69,000 – 30,000ユーロ*2
イギリス1,100ユーロ *617,000 – 23,000ユーロMA:平均15,097ポンド。MSc:平均17,493ポンド。*2-2
イタリア830 – 1,000ユーロ *60 – 5,000ユーロ*5
エストニア335ユーロ *21,660 – 7,500ユーロ*2
オーストリア950ユーロ *61,500ユーロ*4
オランダ800ユーロ *68,000 – 20,000ユーロ*2
ギリシャ500 – 700ユーロ *81,500ユーロ*4
スイス1,600ユーロ *6400 – 3,700ユーロ*5
スウェーデン760ユーロ *68,300 – 20,800ユーロ*4
スペイン900ユーロ *6300 – 3,500ユーロ単位数で学費が変動する。*5
チェコ380ユーロ *2無料チェコ語以外のプログラムは学費がかかる。*2
デンマーク800 – 1,200ユーロ *66,000 – 16,000ユーロ*4
ドイツ800ユーロ *6無料維持管理費(年間500ユーロ)が別途かかる。*2-1
州によっては年間3,000ユーロの学費がかかる。*2
ノルウェー830ユーロ *6無料*2
ハンガリー350 – 550ユーロ *71,500ユーロ*4
フィンランド700 – 900ユーロ *68,000 – 18,000ユーロ*2
フランス地方800ユーロ
パリ1,000ユーロ *6
2,800 – 3,800ユーロ*4
ベルギー800ユーロ *63,000ユーロ*2
ポーランド400 – 700ユーロ *82,000ユーロ*4
ポルトガル500 – 750ユーロ *7950 – 1250ユーロ*3

※複数の統計を見比べて作成しましたが、実費とズレる可能性があることをご了承ください。
※私立大学は、記載の学費(国公立)よりも高額な場合が多いです。
※生活費は地域差があるので、ご注意ください。

たとえばイギリスでは、ロンドンと郊外で生活費が倍以上違ってきます。詳細はこちら[*2-3]のページをご覧ください。
ロンドン(イギリス)、パリ(フランス)、ジュネーブ(スイス)はヨーロッパの中でも特に生活費・物価が高い地域です。JASSOの「留学先地域による奨学金月額」でもこの3都市は最も高いエリアに分類されています。

まとめ

生活費・学費共にお手頃なのは、東欧諸国(チェコ、ハンガリー、ポーランド)でした。ちなみに、旧東ドイツの都市も生活費が旧西ドイツより低いです。

また、現在は留学生(EU/EEA域外出身学生)でも学費無料の国が4ヶ国ありますが、今後減ってしまうかも知れないのでご注意を!実際、フィンランドは2017年以前は留学生に対しても無料でしたが、現在は有料化されています。ドイツも州によっては有料化し始めているので、今後は有料化される場所が多くなるかも知れません。

留学先選びに役立つことを祈ります!

参考文献

  1. AllAbout 大学院の学費はどれくらいかかる?
  2. Masters Fees and Living Costs in Europe
    1. Masters Fees and Funding in Germany
    2. The Cost of a Masters – Postgraduate Fees in 2020
    3. Postgraduate Living Costs in the UK
  3. Compare tuition fees schemes in Europe
  4. Study in Europe for free (or low tuition fees)
  5. Tuition Fees at Universities in Europe in 2020 – Overview and Comparison
  6. Jasso 海外留学支援サイト
  7. 7 Affordable EU Countries to Study a Master’s Abroad in 2020
  8. 8 Affordable EU Countries for Studying a Bachelor’s Degree Abroad in 2020
関連記事

前回の記事で扱った、エラスムス・ムンドゥスについて、もう少し詳しくお話しします!エラスムス・ムンドゥスの正式名称はErasmus Mundus Joint Master Degree(略してEMJMD)。EMJMDでは、[…]

illustrations from jp.freepik.com