Erasmusで欧州留学① エラスムスは日本人も参加可能!

Erasmus(エラスムス)」って、聞いたことはありますか?
Erasmusとは、EU内の学生の流動を推進する取り組みです。これのおかげで、EU加盟国の学生は留学をしやすくなりました。具体的には、EUの予算を奨学金に割り当てたり、共通単位制度(ECTS)を立ち上げたりしています。
このErasmus、実は、日本人も参加できるんです!

Erasmus Mundusとは

Student
今回取り上げるのは、Erasmusの中でも、
Erasmus Mundus(エラスムス・ムンドゥス)について。
Erasmus Mundusは欧州2カ国以上で学び、修士のジョイント・ディグリーを取得できる制度で、文系・理系どちらも数多くのコースが提供されています。
EU出身者に限らず、EU外出身者も参加できます。興味のある方はこちらから検索してみてください。
関連記事

この記事では、エラスムス・ムンドゥスについて詳しく見ていきましょう!エラスムス・ムンドゥスの正式名称はErasmus Mundus Joint Master Degree(略してEMJMD)。EMJMDでは、ヨーロッパの[…]

Erasmus Mundus Eurocultureについて

たとえば、私はErasmus MundusのEuroculture(ユーロカルチャー)というコースに参加し、オランダとチェコの大学でジョイント・ディグリーを取得予定です。
ヨーロッパの2つの国で勉強できるなんて、すごく魅力的ですよね!

せっかくなので、ここでEurocultureを少しご紹介します。
ただし、最新情報は公式ページで確認をお願いします!

Euroculture

Euroculture offers great opportunities if you are interested…

 

euroculture_map

Eurocultureは、EUを政治/経済/社会/文化/法などの様々な分野から多面的に分析したい学生にとって最適な場です。卒業までに必要な期間は最低2年です。

このコースのパートナー大学は全部で12校あり、どの大学を選んでも授業は英語で行われます。(残念ながら、EU/EEA出身でないとヨーロッパ外の大学で学ぶことはできませんが。)

ヨーロッパのパートナー大学8校

  • Universidad de Deusto(スペイン ビルバオ)
  • Rijksuniversiteit Groningen(オランダ)
  • Georg-August-Universität Göttingen(ドイツ)
  • Uniwersytet Jagielloński w Krakowie(ポーランド)
  • Univerzita Palackého v Olomouci(チェコ)
  • Université de Strasbourg(フランス)
  • Università degli studi di Udine(イタリア)
  • Uppsala Universitet(スウェーデン)

私のようなEU/EEA外出身学生は、上記の8校から2校または3校選んで、学びます。

ヨーロッパ外のパートナー大学4校

  • Indiana University-Purdue University(アメリカ インディアナポリス)
  • Universidad Nacional Autónoma(メキシコ メキシコシティ)
  • 大阪大学(日本 大阪)
  • Savitribai Phule Pune University(インド)

※この4校は、EU/EEA出身でないと選択できません。

カリキュラム

4セメスター(2年間)の過ごし方は何通りもあります。以下の簡略図は公式ページのProgrammeを参考に作成しました。Intensive Programmeというのは、1週間程度の合宿です。

programme

関連記事

今回はErasmus Mundus Joint Master Degreeの一つ、Eurocultureに出願した際に必要だった書類について書きます。詳細・最新情報は公式サイトの「HOW TO APPLY」のページに記載がありますので、出願[…]

Erasmus Mundus奨学金

EU/EEA域外からの学生については、授業料が2年間で合計18.000ユーロ(200万円以上)もかかるのですが、Erasmus Mundus奨学金を獲得できれば、なんと授業料がタダです。しかも、月々1,000ユーロ(12万円程度)の生活費が支給されます。

ただ、Eurocultureの場合、奨学生は「希望と異なる大学に派遣される可能性がある」というデメリットがあります。

おすすめ記事

出願書類の中で、Motivation Letterが最も合否を左右すると言っても過言ではありません。Motivation Letterは「なぜその大学院で学びたいか」という志望理由はもちろん、自分のこれまでの経験・将来のキャリア計画・自[…]

documents

【注意】気になっていたコースが突然、不開催に…

sad
私は上記のEurocultureとは別に、EMMIRという難民について研究するコースにも出願を考えていました。が、2020年の募集情報を確認しようとコースのサイトを確認しに行くと、2020年は生徒を募集しないとの表記が…!
UPDATE: EMMIR will not be accepting students for the 2020-2022 cohort (C10). There will be no application process in 2019. More information about future application processes will be available in the spring/summer of 2020.
引用元:EMMIR公式サイト
こんなことも起きるので、いくつか候補を探しておくのが安全ですね…。

欧州留学フェアで情報収集しましょう!

ヨーロッパへの留学を希望しているなら、ぜひ「欧州留学フェア」に行ってみてください。ヨーロッパ各国の大学やErasmusのブースがあり、現地大学の職員の方や学生と直接話すことができます。
また、駐日欧州連合代表部の「欧州留学ガイド」にも情報がたくさん載っています!
関連記事

この記事では、エラスムス・ムンドゥスについて詳しく見ていきましょう!エラスムス・ムンドゥスの正式名称はErasmus Mundus Joint Master Degree(略してEMJMD)。EMJMDでは、ヨーロッパの[…]