大学院合格までの道のり Part 1「就職か、留学か。」

大学院に合格するまでの軌跡を書いてみることにしました。
Part 1は就職活動の頃の話です。就職するか、留学するか、いろいろ悩みました。

2015年秋から2016年春(留学開始まであと5年)

2015年当時、私は大学3年生でした。
就職活動が始まる直前の時期に、海外大学院進学を具体的に考え始めました。第4~5セメスターの1年間、ドイツ交換留学を経験し、「ヨーロッパで勉強したい欲」がかなり高まっていたのが原因です。

また、日本の就活には違和感しかなく、しかも、自分が仕事として何をしたいか、当時はわかりませんでした。なんとなく興味のある業界と企業を調べ、就活を進めつつも…

 
日本企業って、入ったところでおもしろいのか?
と悩む日々。お金を稼がないと生きていけないけれど、理不尽で無意味なことが多いし。在日外資系企業も超絶ブラックらしいし…。日本で働くことのイメージってなんでこんなに悪いのでしょうか?(実際働いてみて、ブラックな面は多々ありました。笑)しかも就活って何が正解か、段々わからなくなってくるんですよね。不採用の連絡を立て続けにもらうと特に。
結局、就職一本に絞らず、同時進行で海外の大学院を調べ始めました。特に調べたのはErasmus Mundusや、ドイツの大学院です。欧州留学フェアなどを活用しました!
おすすめ記事

Erasmus(エラスムス)。ヨーロッパに留学したことのある方なら、一度は聞いたことがあるでしょうか?Erasmusは、EU加盟国の学生の流動を推進する取り組みです。これのおかげで、EU加盟国の学生は留学をしやすくなりました。具体的には、E[…]

就活と大学院リサーチを進めるうちに、
・内定獲得→就職&学費を稼ぐ
・就活失敗→卒業後すぐ大学院進学
という計画を立てました。遅かれ早かれ、海外で勉強することはキャリアの絶対条件でした!ちなみに、一緒にドイツ留学していた友人の中にも、同じような考え方をしている人が多かったです。

 
複数の選択肢を持っていると、気が楽です

2016年夏から2017年春(留学開始まであと4年)

結果的には、内定を獲得したので「就職」の道を選びました。

周りが徐々に内定を獲得する中、自分だけが内定をもらえていないと、とてつもない不安に襲われます。内定をもらった時は純粋にとても嬉しかった!はずが…、しばらくすると、なぜかスッキリしない気分に。卒業論文のための研究を進めるうちに、研究が楽しくなってきたというか、もっと調べたい、もっと知りたいという気持ちが強くなっていたからです。大学院行きたいな、と改めて思っていました。

また、大学4年生の夏にして初めて本格的にサークル活動(広報)に参加した結果、自分がデザインに興味があることを知りました。でも内定したのは営業職。

「営業でもデザインスキルは必要。」
「せっかく内定したから、断るのはもったいない。」

いま振り返ると、そう言い聞かせて、モヤモヤを封印しようとしていたのかなと思います。入社後、上司の心ない一言でこの封印はとけてしまいますが…笑。
今回はここまで。入社後のゴタゴタは次回、Part 2で書きます!
次回の記事

Part 1では就職と留学で迷い、最終的に「就職」を選んだところまでお話ししました。Part 2は入社1年目に苦しんだ話です。私が入社した会社は日本のとあるIT企業で、職種は営業でした。ITについて勉強したり、お客さんを訪問したりす[…]