documents

【海外大学院出願用】Motivation Letterの書き方~合格実例を大公開!

documents
出願書類の中で、Motivation Letterが最も合否を左右すると言っても過言ではありません。
Motivation Letterは「なぜその大学院で学びたいか」という志望理由はもちろん、自分のこれまでの経験・将来のキャリア計画・自己PRもギューッと凝縮して書く文書です。私は2ヶ月ほどかけて作成し、オランダの大学のジョイント・ディグリー・プログラム(Erasmus Mundus)に合格できました。
関連記事

今回はErasmus Mundus Joint Master Degreeの一つ、Eurocultureに出願した際に必要だった書類について書きます。詳細・最新情報は公式サイトの「HOW TO APPLY」のページに記載がありますので、出願[…]

今回は試行錯誤して書き上げた末につかんだ、書き方のコツをまとめます!
合格するため、最低でも以下の五つを守ってMotivation Letterを書くことをおすすめします!
その一、必ず求められている条件を満たす
その二、簡潔に論理的に書く
その三、自分の経験から「なぜ」その研究をしたいと思ったかを述べる
その四、その研究を将来どう活かすかを明示する
その五、他人のMotivation Letterをパクらない
 
一つずつ詳しく見ていきましょう。

その一、必ず求められている条件を満たす

check list

私の場合は「5,000文字(characters)以内で書くこと」と「プログラムへの期待を含めること」が条件としてあげられていました。必須条件を満たさない場合、合格率はゼロだと思ってください。募集要項を要チェック!!

その二、簡潔に論理的に書く

presentation

だらだらと書いてある文章は、最後まで読んでもらえないでしょう。大学側の担当者はとても忙しいので、ひとつ一つの文書を読むのに割ける時間はかなり限られています。ベストはパパッと理解できて、面白みのある文章。それぞれの文が長くなり過ぎないよう気をつけることも大切です。

そんな文章を書くために、パラグラフライティング・トピックセンテンスを意識してください。TOEFLやIELTSを勉強した人なら、たぶん大丈夫。

また、専門用語だらけの文章もダメです。誰が合否を判定するかは大学によりますが、自分の専門分野に精通した人が判定するとは限りません。伝わる文章を書きましょう!このあたりは、他の人に添削してもらうと改善点が見えてきます。

その三、自分の経験から「なぜ」その研究をしたいと思ったかを述べる

why

他の志願者と差をつけられるポイントです!
これまでにどんな経験をして、どんな社会課題を見つけたか。そして、なぜその課題の研究・解決に取り組もうと思ったか。そんな感じのことを書ければ、差別化できると思います。

あくまでも自分の経験を基に研究を志願した理由を言葉にしましょう。社会の漠然とした問題を取り上げるのはおすすめしません。つまり、単に「地球の環境問題は深刻化しているから…」とか「世界では学校に行けないこどもが多いから…」と書いてもダメということです。そこに自分の経験(ボランティア・仕事など)で感じたことをプラスしましょう。

その四、その研究を将来どう活かすかを明示する

career

ここはMotivation Letterの要と言えます。
これまでの経験から自分をアピールするPersonal Statementと違い、Motivation Letterは「将来」に重点を置いて書きます。卒業したあと、研究をどう活かして社会に貢献したいと考えているか、計画を書いてください。

あくまでも計画は未定ですから、現時点の将来の目標を書けば問題ないです。「将来政治家として活躍する」と書いても、実際には政治家以外のキャリアを選んで大丈夫です。時間が経てば、やりたいことも変わりますし。こちらも漠然と「社会に貢献したい」と書くだけでは不十分で、どうやって社会に貢献したいのか、具体的に書きましょう!

その五、他人のMotivation Letterをパクらない

idea

あたりまえ過ぎますが、パクりは絶対ダメです。確実にバレます。
Motivation Letterを公開しますが、絶対にコピペしないでくださいね
ただし、英文の表現を真似るのはOKです。そこはむしろ勉強になるので、どんどん真似しましょう。

おすすめのブログ&参考書

 
私もChisakiさんのブログを参考に文章を構成しました!
大変ありがたかったです。
公務員やめてオランダ留学!

こんにちは!ご訪問ありがとうございます。2019年12月より、当ブログにて留学相談と出願書類添削のサービスを始めました。…

 
以下のエッセー集も、
実例が数十件載っていておすすめです。

 

 
では、そろそろ本題。
私が書いたMotivation Letterを一部公開します。
おすすめ記事

「Erasmus(エラスムス)」って、聞いたことはありますか?Erasmusとは、EU内の学生の流動を推進する取り組みです。これのおかげで、EU加盟国の学生は留学をしやすくなりました。具体的には、EUの予算を奨学金に割り当てたり、共通単[…]

【実例】合格を勝ち取ったMotivation Letter!

student

▼まずは研究のタイトル、経歴、将来の目標を簡潔に書きました。私は学部ではなく、修士プログラムに出願したので、‘program’としています。

To whom it may concern:

I am very interested in the [name of program] at [name of university] to conduct research on the topic of cross-cultural integration in Europe and the issue of exclusiveness in Japan. After graduating from [name of university] in 20XX with a B.A. in [major], I spent two and a half years in a workplace without much diversity. This experience leads my desire to become a consultant, in order to provide innovative employment concepts to Japanese companies.

 

▼つぎに研究の動機。過去のどんな経験から、大学院進学を志望したかについて、具体的に述べます。

[…] One characteristic of the Japanese society is that something different from its traditions tends to be marginalized. In fact, one of my co-workers quit her job, since her superiors could not consider and accept cultural differences, […]. To gain a better understanding of cross-cultural integration and contribute to further diversification, […]. I am sure that the [name of program] is the best option.

 

▼なぜその修士プログラムを選んだか、3つの理由をあげました。この段落で必須条件の「プログラムへの期待」を述べています。[…]で略しているところには、具体例を2~3文入れました。

There are three main reasons why the [name of program] is the most ideal for me. First of all, the program structure highly matches my interest. […] Secondly, one of my expectations for the program is its valuable alumni’s network. […] Thirdly, this program includes an opportunity of internship. […] For all the reasons above, I am convinced the [name of program] is the best choice for me.

 

▼最後に自己PR!「こんなスキルや経験を活かして、プログラムに貢献します」とアピールしましょう。なぜ大学があなたを選ぶ必要があるか、説得力のある理由を過去の実例も含めて書けるといいですね。

Finally, I am a suitable applicant for the [name of program] because I can act spontaneously. […] In addition, I have studied abroad in Germany and I have worked for a Japanese company. Being aware of the big gap between the two systems, it is more likely that I will successfully discover what needs to be done to improve the working conditions in Japan […]. My personality and skills will let me highly contribute to the program.

I hope my enthusiasm for the [name of program] is conveyed in the application. Thank you in advance for your consideration, I look forward to hearing from you.

Sincerely,
XXX

何度も書き直して、いろんな人にアドバイスをもらいながら書き上げました。協力してくださった方々には本当に感謝しかありません。
 

みなさんもぜひ、力強いMotivation Letterを書いて、合格を手にしてください!

おすすめ記事

今回は海外大学院の出願準備に役立つ、おすすめ書籍をご紹介します!今どきネットで調べれば何でも載っていますが、手っ取り早く信憑性の高い情報にたどり着けるところが書籍の良さ。全てをパソコンでいちいち検索するのは面倒ですし[…]

books

illustration from jp.freepik.com

全文を参考にしたい方はこちら(有料)

万人には公開したくないものの、悩んでいる方の力になりたいと思い、Motivation Letterの全文を有料で公開することにしました。

上記の一部公開では全体の半分ぐらい(約800語中の約300語)を公開しています。全文を見れば、具体例の書き方や文章全体の展開をより詳しく知ることができます。返金はできないので、事前にじっくりご検討いただいてからご購入ください。また、再配布・転売はお控えください。

購入前に私の出願先を改めてお伝えしておきます。

プログラム名:Euroculture(Erasmus Mundus)
大学    :University of Groningen
専攻    :European Studies

「ランチ1食分を投資してでも読みたい!」という方はぜひご覧ください^^