オランダ大学院生の1週間~1学期目の時間割

ついに始まった大学院生活。
想像以上に課題に追われる毎日でした。今回は1学期目@オランダの時間割と、授業内容を簡単にご紹介します。

1学期目の時間割

1学期目は必須授業のみで、ヨーロッパの政治・法/歴史/文化について基本的な部分を学びました。授業のない時間は真っ白でヒマそうですよね。でも、そうでもなかったんです…涙!

1学期目時間割

授業自体は週3でしたが、大量の課題に追われながら過ごしていました。授業1コマあたり100ページのリーディング課題が出たり、ディスカッション準備もあったり。なんだかんだで、復習に回す時間を作ることができず、課題はいつも直前にこなしていました。

 
全部、期限までに出せてよかった…

オランダ語の語学授業は受講しませんでした。オランダ語を勉強してみたい気持ちはありましたが、余裕がなかったので、この選択は正しかったと思います!!

Politics(政治)

1ブロックのみ。(1ブロック=1セメスターの半分、7週間程度です)

EU統合の歴史、各加盟国の思惑、条約や機関の役割、意思決定の方法、危機対応など、EU政治の基礎を学びました。様々な危機や欧州懐疑主義などのネガティブな面も学べた点が、すごく興味深かったです。グループワークが多く、EU出身のクラスメイトの意見から学ぶことがたくさんありました。

詳細はこちら!

Euroculture1学期目の授業紹介。第1弾はEUの政治。この授業は1ブロック(7週)で完結しました。その短さゆえに、1回の授業内容の濃さがすさまじかったです。初回講義で教授が「Bachelor(3年分)の内容を7週間でやる[…]

Law(法)

1ブロックのみ。

EU法の判例や、欧州司法裁判所(CJEU)の役割などについて学びました。法律に関しては知識ゼロでしたが、判例を読むのはおもしろかったです!3,000語のレポートはEU市民権と移民について書きました。

詳細はこちら!

Euroculture1学期目の授業紹介。第4弾はEU法。私はこれまでEU法どころか、法律を学んだことがなく、この授業を修了できるか不安でした。実際、法律用語には苦しみましたが、判例からEU法を学ぶことはおもしろかったです![sit[…]

History(歴史)

1セメスター全部。

前半はヨーロッパの古代~近代史、後半は近現代史を扱いました。テスト範囲が教科書400ページだったことにはかなり精神を削られましたが、後半は自分の興味のあるテーマに集中できたのがよかったです。ドイツの難民政策について6,000語のレポートを書きました。

詳細はこちら!

Euroculture1学期目の授業紹介。第2弾はヨーロッパの歴史。前半は分厚い教科書をたった1ヶ月でコンプリートし、後半はWWI以降のヨーロッパ史からテーマを決め、研究を進めました。高校生以来の歴史の授業はとても新鮮でした。[si[…]

Culture(文化)

1ブロックのみ。

内容は哲学っぽかったです。論文をいくつか読んだ上でドキュメンタリー映画を分析し、「ヨーロッパとは何か?」について考えました。グループプレゼンでは難民問題を、レポートではホロコースト追悼記念碑をテーマとして選びました。

詳細はこちら!

Euroculture1学期目の授業紹介。第3弾はヨーロッパの文化。「文化」という授業名から、簡単な内容かな?と勝手に想像していましたが、実際は哲学的で、頭を抱える場面が多かったです…。[sitecard subtitle=関連記事[…]

Competence(…能力?)

1セメスター全部。

この授業では、実用的な能力を鍛えています。具体的には、注釈付き参考文献(annotated bibliography)の書き方や、Cover letter・CVの書き方、プレゼンの仕方などを学びました。

詳細はこちら!

この記事ではAnnotated Bibliography(注釈付き参考文献)をご紹介します!修士課程ではたくさんの文献を読むので、「あれってどこに書いてあったんだっけ?」状態になることもありますよね…?そんな場合は、Annotated […]

また、この授業の一環で・ブリュッセル(ベルギー)への遠足が予定されていましたが、コロナの影響で中止に…。EU本部を見てみたかったので残念でした。

 
遠足中止でも、ブリュッセルに関するレポートは書きました。涙

常に課題に追われた1学期。無事、終わりました!

関連記事

今回は2学期目@チェコの時間割と、授業内容を簡単にご紹介します。随時更新予定です!2学期目の時間割基本1コマ90分。2学期目からは選択授業も取れました。自分の興味に合わせて授業を組めるのは、やっぱりいいですね。しかも[…]

illustrations from jp.freepik.com