Student

ドイツ留学がおすすめな理由8つ

Student

アメリカなどの英語圏に比べ、ドイツは留学先として人気度が劣りますが、おすすめポイントがたくさん!このページでは、1年間のドイツ交換留学中に見つけた、ドイツ留学のいいところをご紹介します。まずはドイツの大学の概要について、こちらの動画をご覧ください↓

 

その1 教育水準の高い大学が多い

university

動画にもあった通り、ドイツの大学はレベルが高いです。LMU Munichをはじめとする、世界的に評価されている大学が多くあります。どの大学も教育水準が高いので、ドイツではそれほど大学ランキングは重視されません。日本とは大きく異なりますね。ですが、もし気になる方は下記サイトをチェックしてみてください。

 World University Rankings

大学が重視されない代わりに、ドイツではどの学部を卒業したかが重要になるようです。つまり、日本のように東大・京大や早慶のような大学名が重要ではなく、医学部や工学部、法学部といった専攻が大きな意味を持つということです。

その2 英語で実施されるプログラムもある

もちろんドイツ語で行われる授業が大半を占めていますが、最近では英語だけで卒業できるコースや学部も増えてきました。でも、英語プログラムはドイツ語で行われるプログラムと比べ、学費が高い場合が多い印象です。

その3 世界中の学生が集まっている

ドイツはヨーロッパの中で経済的に発展しているため、ヨーロッパの周辺諸国から学生が多く集まっています。また、教育水準が高いので、ヨーロッパ外からの学生も多く留学しています。最近は中東やアフリカ出身の学生が多くなってきています。多国籍なクラスメイトと共に勉強・研究できることは、いろんな文化を知ることのできる大きなメリットだと言えますね。

その4 授業料がかからない

save money

多くの国立大学では、学生の国籍がドイツやEUでなくても授業料が無償です。州によって制度が異なり、授業料を徴収する国立大学もあります。また、英語で行われるプログラムや、私立大学では高額な授業料がかかることがあるため、十分調べましょう!

なお、国立大学で授業料が無償であっても、“Sozialbeitrag”と呼ばれる維持管理費は毎セメスター支払う必要があります。今のところ、だいたい2~3万円程度です。

その5 生活費を抑えられる

チェコなどの東欧諸国と比べるとドイツの方が生活費がかかりますが、イギリスやフランスに比べれば物価はそれほど高くありません。特に首都ベルリンを除く旧東ドイツのエリア(ライプツィヒ、ドレスデンなどの都市)は物価が安いです。

外食をひかえれば、より節約できますよ!

その6 交通費がかからない

public transport

ドイツならではと言っていいメリットです。指定された範囲内であれば、学生証を見せると、チケットを買わずに(つまり無料で)公共交通機関を利用することができます。電車もバスもトラムも。ICEなど一部例外はありますが、非常に手厚くて最高の制度です!

ベルリンにある大学であれば、ベルリン市内はもちろん、ブランデンブルク州も範囲に入っているため、たとえばポツダムに無料で行くことが可能です。同じように、ニーダーザクセン州の大学はハンブルクやブレーメンも範囲内にあります。ノルトライン=ヴェストファーレン州の大学は範囲がその州内のみですが、ケルンやデュッセルドルフといった主要都市が点在するので十分に活用できるでしょう。詳細は各大学に確認してください。

 

その7 旅行に行きやすい

trip

ドイツは9ヶ国と国境を接しています。電車やバスに乗れば、あっという間に周りのヨーロッパ諸国を訪れることが可能です。たとえばケルンからは、ドイツの首都ベルリンよりもアムステルダム(オランダ)、ブリュッセル(ベルギー)パリ(フランス)の方が近いです。飛行機に乗れば、南欧・北欧・中東へMax 3時間ほどでたどり着けます。もう少し足を伸ばせば、アフリカもすぐそば。

そしてなんと言っても、交通費が日本と比べて大幅に安い!格安バスやLCCが多く存在するからです。ぜひドイツ留学中に周辺諸国の文化も堪能してみてください。

私はケルンとベルリンを、たった3ユーロで往復したことがあります。

その8 駐在している日本人が多い

international workplace

大手メーカーや大手銀行などを含め、ヨーロッパ支店としてドイツに事務所を構えている日経企業はたくさんあります。そのため、駐在員としてドイツで暮らす日本人は数多くいます。ドイツの中でも、特にデュッセルドルフという街に住む日本人が圧倒的に多いです。他にもベルリン、ハンブルク、フランクフルト、ミュンヘンに集中しているようです。

日本人の集まりも多く開かれているので、これから就活をする人は人脈をつくるチャンスにできるでしょう。日本人が多く参加するイベントやボランティアに参加してみるのがおすすめです。また、三田会(慶応)や稲門会(早稲田)などの出身大学で集まっている場合もあるので、自分の大学で催しがあるか、ぜひ探してみてください!

海外で働く大人の話を聞いてみるのは、
学生同士で話すのとは違うおもしろさがありますよ!

ドイツ留学を考えているならDAADを活用しよう!

ドイツ留学に興味のある方は、ドイツ学術交流会(DAAD)にご相談くださだい。DAADは公的拠出金を財源基盤とし、ドイツの…

ドイツの留学や研究に関する情報はもちろん、奨学金に関する情報も発信されています。ドイツ留学を考えているなら、必ず確認してみてくださいね!

おすすめ記事

「Erasmus(エラスムス)」って、聞いたことはありますか?Erasmusとは、EU内の学生の流動を推進する取り組みです。これのおかげで、EU加盟国の学生は留学をしやすくなりました。具体的には、EUの予算を奨学金に割り当てたり、共通単[…]

おすすめ記事

この記事では、エラスムス・ムンドゥスについて詳しく見ていきましょう!エラスムス・ムンドゥスの正式名称はErasmus Mundus Joint Master Degree(略してEMJMD)。EMJMDでは、ヨーロッパの[…]

 

illustrations from jp.freepik.com